*Love photo*Love scrap FAMILY


さもない日々の出来事や写真、スクラップブッキングなどのクラフトの おはなし
by photo-scrap
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事

少しずつ、少しずつ

3連休が明け、また新しい週が始まりました。

テレビ番組も、CMもだんだん平常に戻りつつあります。
NHKの朝の子供番組やバラエティーなど(←これは気分的に笑えないから見ないけど)
それだけでも何だかホッとして来ました。


久しぶりに行ったスーパーも、買い物も乳製品を除けば
ぜんぜん普通じゃない!と逆に驚きました。

駅周辺のスーパーはまだ並んでいますが
自宅の近所はすっかり落ち着いています。

息子はもちろん、娘の保育園も今週末か来週には
食材の調達が難しくなるのでお弁当だそうです。。。
そもそも春休みになればお弁当だし、娘も4月からはそうだったので
どちらも1週間ぐらい早まったと思えば、苦でもなく・・・かな。


停電がまだ続くとなると、、、
お店が開店休業状態なので、そちらのが死活問題ではありますが;;

電気を使わない副業を考えねば?!


--------

日曜のお彼岸に、パパの兄弟が集まりました。
お墓参りも車をやめて、バス班と自転車班に別れ市営霊園まで。
子供達はめったに乗らないバスにはしゃぎ
自転車班は、良い運動になり^^;かなりエコなお墓参りでした。


その後、我が家で夕飯を食べ
うちの子達と同い年のいとこちゃんはお泊りして
翌日もDSを満喫して帰りました^^;

江東区に住んでる義兄のところは停電がなく
みんながずるいーーーといったり
地震当日の話をしたり
総勢13人分の散らし寿司を作ったり(こんなときにお米を1升炊きました!!)
大人は大人、子供は子供でいつもと変わらない
お彼岸を過ごしました。。。

こうしてみんな顔を合わせられるのは
当たり前に思っていただけに、今は心にしみました。。。


--------

未曾有の災害から10日が過ぎ
テレビからの内容も人々の前向きな姿が見られてきました。

中でも中学生・高校生の活躍がすばらしいです。
率先して掃除の当番を決めたり、小さい子や小学生の勉強を見てあげたり
高校生は、がれきの掃除だったり運搬の手伝いだったり。。。
お年寄りにやさしく声をかけてあげている。。。
家族の安否も分からない子供達が、こう活動する記事を読むと
涙が出てきます。

子供の力は大人をも超えるのだと、子供達から勇気をもらえるんだと
つくづく思いました。

引きこもりもいじめも無い本当の子供の姿なんだろうな。。

非難所になっている学校の校長先生が言っていました。
「この子達が復興の中心世代になっていくのかと思うと頼もしく
絶対復興できると確信している」と。

被災地でも少しずつ、復興に向かってきているようです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへ
[PR]
by photo-scrap | 2011-03-22 11:47 | my
<< 春はやって来る。。。 卒園式と停電 >>